MENU

日本人になじむ家

一軒家

機能的で落ち着いた暮らし

大阪では、木のぬくもりが感じられる木造一戸建てが人気になっています。日本人の生活様式になじむ木造の一戸建ては、多くの日本家屋に使用されている伝統的工法となっており、落ち着いた暮らしが実現します。マンションなど鉄筋コンクリート造りの住宅と比べ、木造住宅は隙間風のある住まいというのが一般的でした。最近では気密性を重視した住宅も大阪で建てられるようになっており、エネルギーコストも抑えられる構造が好評です。大阪では注文住宅による建築も盛んで、郊外の比較的土地価格の安いエリアで宅地を求める人が増えています。できるだけ土地価格を抑えることで、住宅にお金をかけるプランニングが選ばれているのです。住宅は、家族が安全で健康に暮らせるための基盤となるものです。郊外の自然豊かな場所で生活できれば、四季折々の風情を感じながら過ごせます。注文住宅は、好きなようにカスタマイズできる魅力があり、庭が持てるのもメリットです。内装にこだわりを持つこともでき、例えば壁の仕上げにも個性が発揮できます。一般的によく行われているのは、柱が見えないようにクロスを貼った大壁仕様ですが、柱が見える真壁仕様にすれば寺社仏閣で見るような重厚な造りの部屋が実現します。池を配置して夏場に涼が感じられる庭を造ることもでき、来客にも自慢できる快適な空間が造り出せます。注文住宅で周辺環境にもなじむよう外観をデザインすれば、街並みにマッチした心地よい家並みや実現します。大阪には注文住宅を専門に手掛ける業者があり、無料で資料請求ができます。